【アフィリエイトで儲ける10か条その1】人の役に立つことを考えよう!

アフィリエイトで儲けよう!と思った時に、一番やってはいけないこと。

それは、「自分中心」の独りよがりなサイト作りです。

アフィリエイトというと、なんとなく、パソコン相手の特殊なビジネスだと考えてしまいがちです。

しかし、ビジネスは、すべて「お客さん」ありきで成り立っています。

アフィリエイトビジネスだって同じです。

パソコン相手ではなく、画面の向こう側に、必ず「人」がいることを想像したサイト作りが重要です。

そうです。「人様のお役に立つ」という当り前の精神が必要なのです。

言うは易し。行うは難しで、なぜか、多くの人が、アフィリエイトとなると、独りよがりのサイト作りをしています。

たとえば、こんなのがお客さん中心ではなく、自分中心のサイトにあたります。

1、広告ペタペタサイト
2、報酬額が高い広告だけを張るサイト
3、売れそうな広告だけを張るサイト
4、システムで自動で吐き出したページで構成されたサイト

などなど。

すべて、お客さんのニーズやウオンツを無視したサイト作りです。

こういった社会に必要とされないサイトは、当然ながら、成果は出ませんし、Googleなどにも嫌われるためSEOで上位表示もされません。

 

反対に、儲かるアフィリエイトサイトというのは、お客さん中心のサイト作りになっています。

お客さん中心のサイトとは、お客さんの役に立つ情報を提供しているサイトなどです。

これからの時代、ますます、その傾向は強くなっていくでしょう。

ですから、アフィリエイトというと、特別なビジネスと考えるのではなく、「お客中心」という当り前の精神で取り組むとよいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ